日系企業が力を借りるべき中東欧の世界最高峰エンジニア

世界のハイテク市場では、シリコンバレー、深センなど米中経済の鬩ぎ合いなどからメディアでもよくフォーカスされていますが、マーケットはその都市内だけでエコシステム化・かなり成熟した状態にあり、外部からの新規参入は彼らにもメリットがなく、力を借りることさえ非常に困難です。

しかし、このハイテク分野の世界において、それをも凌ぐ逸材を秘め、外部リージョンに対してオープンで、かつグローバルでエコシステムを構築しているリージョンが存在します。それが、ウクライナ、エストニアをはじめとする中央・東ヨーロッパのテクノロジー企業群です。

中東欧ハイテク企業が強烈に優れている秘密

ビジネスからの期待値を裏切るスピードと品質でテクノロジーを提供することに命がけで取り組んできた経験から、彼らの持つ驚異的な能力がどれだけ企業の成長に貢献するかは次の理由から一目瞭然(いや、劇的に作用すると言っても過言では無い)。私も、現在彼らに学び、協力を仰いでいる最大の理由となっています。

・最新技術に精通した驚異的なソフトウェア・ハードウェア開発力
・卓越したデザイン・品質・スピードを持つシステムが超短期間で完成・提供できるデリバリ能力
・これらを実現する源泉となる「アカデミックに裏付けられた専門領域x技術・知識レベルで厳格に評価される能力主義構造」のスタッフィングと組織
・テクノロジに対する教育環境の充実(ハイテク企業による教育支援含め)
・90%のエンジニアが英語でのコミュニケーションに問題ない点。

企業成長を「現実的に時間とお金の軸で捉え判断」することができる方は、このレベルと対等にやれる国内ベンダーを見つける事は非常に困難であるということが解ると思います。

彼らが優れた存在である事を裏付ける事実

これを裏付ける理由として、GoogleやAmazonなどGAFAのみならず世界の名だたる企業が優秀なエンジニアや企業を求めてやってきています。またテクノロジ企業のR&D開発拠点がどんどん誘致されていることが、何よりもの裏付けでもあります。
一方で、これらの国が、従来の産業や観光業などではなく、テクノロジサービスによる貿易・外貨獲得高が、既に国家GDPを支える主要一大産業となっており、また年率25%の売上成長を見せていることから、国家レベルで見ても、次世代モデルへの転換を成功させていると言っても過言では無いと感じています。

日系企業が彼らのチカラを借り、学び得られるパワー

彼らには現在の日系企業が抱えるテクノロジ推進の課題を解決するノウハウがあり、それらをフル活用する事で大きな成功と成長をしていることから、私たちは一度彼らから学ぶ事を通じて、今後のテクノロジを活用した企業成長やソリューション開発を飛躍的に改善できるのではないか?と考えています。例えば、次のような目的や課題解決には向いていると思います。

・次世代エンジニアをグローバルレベルの視野とスキルを身につけさせたい
・最新の技術を取り入れ、システム品質やセキュリティを強化したい
・超大なトランズアクションに耐えられるDBやシステムアーキテクチャの構築
・サービスを世界マーケットに販売することを視野にエンジニアリング体制を構築したい
・国内SIの開発スピードやコスト、品質に満足ができない

優れたエンジニアをチームメンバーにするススメ

テクノロジはもはや世界の一大産業となりました。ITの活用なくして躍進はもはや得られないと言えます。もし、読者の方が、日本のマーケットだけに関心があったり、今のアセット以外に興味がなければ、的外れな話にはなりますが、より良いものを作れるようになりたい、グローバルでやって行きたい、ビジネスの成長や創造的活動を促す事に取り組みたいと感じられる方にとっては、彼らと一緒に仕事してみることが大きな学びになることは請け合いです。

世界最高峰と共に歩むこと

世界中の企業を顧客として、クローバルにテクノロジーエコシステムを構築しようとしいる彼らが、5年後、10年後、世界の中でどのような地位を占めてくるのか、新たな世界的ユニコーンの登場や、世界のテクノロジ・サプライチェーン基板を担っている姿など、どのように進展していくのかを大変興味深く楽しみに見ています。また、同時に、この停滞感ある日本のにおいても、彼らから学び、先に抜きに出ていく企業も出てくるでしょう。まさに戦後日本が欧米から車をはじめとする産業を一生懸命に学び改善と改良を繰り返し、今の世界市場を席巻した様に。

弊社が支援できること

弊社が支援できる内容は大きく2つの領域から構成されます。

<①テクノロジーサービス>
国内では満たせない要求レベルのテクノロジ、最先端ソフトウェア/ハードウェア製造力を世界市場から見つけ出し、エンゲージメントを成功させることで御社のビジョンの実現を支援します。

・Discovery   
・Learning   
・Engagement
・Production

のコアサービスを中心に調査、教育、ブリッリ支援、プロダクト開発/事業開発まで対応可能です。

4つのコア・サービス

技術領域

技術領域

<②ブリッジ・エンジニアリング教育支援>
グローバル化に対応していく為の高度人材教育・開発をOJTを通じて支援していきます。

・グローバルパートナー企業(100社以上)から目的に応じて選ぶ提携先検討
・ブリッジエンジニアリング・エンゲージメント教育・支援
・プロトタイピングやプロジェクトOJT教育
・異文化教育、ビジネス提携教育(契約・手続き・)

豊富な経験を持つグローバル・プロジェクト専門家が直接レッスンします。

本内容に関するお問い合わせ、教育、開発相談は、お問い合わせフォームより。